lab seminar 2013 #6

2013-05-24 17.15.17image 写真-3

先週金曜日のゼミでは、これからの研究計画を全員が順番に話して、意見交換を行いました。1度に全員の研究を聞き合うのはなかなか時間がかかり体力も使うのですが、短時間にお互いの研究を知ることで触発されることがたくさんあります。

少路さんはこれまで、タンブラーにセンサを仕込んでカフェの混雑度を測り(写真右下)、そのデータを参加型で集めることで、リアルタイムに空いているカフェを見つけるサービスの可能性について研究をしていました。特にユーザ参加型でデータを集める場合その信頼性が問われるため、混雑度の信頼性を向上させる手法を探求しています。

ゼミでは食べログやヤフオクなどユーザ参加型の情報提供サービスにおける情報の信頼性へ話が展開しました。評価のロジックに個人差をどれだけ加味し組み入れるかが大きな問題となりそうですが、少路さんのタンブラーに今後どのように適用されるのか、期待です!

広告