lab seminar 2013 #7

2013-05-29 19.48.55

本日は、柴崎研究室の川倉さんがゼミにいらっしゃいました。

研究でお使いのArduinoをはじめ、より歴史の古いマイコンなど、フィールドセンシングの機器について幅広く教えていただき、さらに現在研究中の農業におけるセンシングを紹介していただきました。現場での実践で困ったことや対処法等、なかなか普段聞けないお話を聞くことができ大変勉強になりました。ありがとうございます!

広告

lab seminar 2013 #6

2013-05-24 17.15.17image 写真-3

先週金曜日のゼミでは、これからの研究計画を全員が順番に話して、意見交換を行いました。1度に全員の研究を聞き合うのはなかなか時間がかかり体力も使うのですが、短時間にお互いの研究を知ることで触発されることがたくさんあります。

少路さんはこれまで、タンブラーにセンサを仕込んでカフェの混雑度を測り(写真右下)、そのデータを参加型で集めることで、リアルタイムに空いているカフェを見つけるサービスの可能性について研究をしていました。特にユーザ参加型でデータを集める場合その信頼性が問われるため、混雑度の信頼性を向上させる手法を探求しています。

ゼミでは食べログやヤフオクなどユーザ参加型の情報提供サービスにおける情報の信頼性へ話が展開しました。評価のロジックに個人差をどれだけ加味し組み入れるかが大きな問題となりそうですが、少路さんのタンブラーに今後どのように適用されるのか、期待です!

lab seminar 2013 #5

IMG_1378IMG_1379

本日のミーティングでは,ビッグデータが話題にあがりました.

写真に載せた本などを参考にデータマイニングを勉強しつつ,実際に手を動かして既存のデータや自分たちで集めたデータを活用していきたいと思います.

lab seminar 2013 #4

omiyage

先週の木曜日にゼミを行い,それぞれ近況報告を行いました.ゴールデンウィークをはさんだので,のんびりした話が聞けるかと思いきや,みなさんしゃかりき働いていたようです.

木實先生にはパリに出張されていたのでそのときのお話を,おみやげとともにいただきました!

大野くんは,人々が鉄道の混雑状況や車内環境をセンシングして蓄積された情報を活用し,電車の待ち時間を柔軟に活用する可能性や乗り換えの選択肢を教えてくれるアプリケーションをつくるようです.最近ではエキナカなども増えて駅での時間の使い方が多様化しているので,先が楽しみな研究となりそうです.

少路くんも研究テーマを模索中です.来週,再来週あたりは,新しい研究がぞくぞくとスタートしそうな気配を感じます.わくわくする季節です.